福島県白河市のインプラント、矯正歯科なら斎須歯科医院へ

斎須歯科医院ブログ

2009年03月31日 - 卒業式月間でした

カテゴリー:院長日記 admin 21:48:16

福島県白河市 歯科医院 斎須歯科医院(さいすしかいいん)
院長の斎須幸司です。

みなさん、「 3月 」 という言葉で、なにを思い浮かべるでしょうか?

受験
友との別れ
転勤
卒業式 ・・・・・

私は、今年の3月、
人生で初めて、
卒業式出席の完全制覇(?)を果たしました。

3月1日から25日までに、
幼稚園、
小学校、
中学校、
高校、
そして大学と、
5つの卒業式に出席しました。
5日間に1回の割合で卒業式があった計算です。

表郷幼稚園、表郷小学校、表郷中学校では、
来賓として参加させていただき、
なおかつ小・中学校では祝辞まで述べさせていただく機会を与えていただきました。

幼稚園生のハニカミながらの笑顔はとても素敵で、
ほのぼのとした心温まる卒業式でした。

12歳の小学生たちは、
希望に満ちた笑顔をみせていました。

15の青春、
悩み多くも夢いっぱいの中学生たち、
彼らが歌ったアンジェラ・アキ作詞作曲の「手紙」には、
心打たれ、涙が出ました。

白河高校を卒業する息子の卒業式。
吹奏楽部の生徒諸君、とても素晴らしい生演奏をありがとうございました。
私の母校でもある白河高校の卒業式は、今も、私の時代も、3月1日ですが、
私の時は国立一期校受験日が2日か3日でしたので、
受験会場の下見とかで卒業式に出席しませんでした。
私は、白河高校卒業33年目にして初めて、その式を見たのであります。
息子に感謝です。

そして娘の大学卒業式にも行って来ました。
学位授与式と書かれた看板の前で、袴姿の娘と並んで写真に収まり、
それはそれは嬉しい1日でした。

年齢にしますと、
6歳、12歳、15歳、18歳、そして22歳以上と
バラエティに富んでいる卒業生たち。

そんな彼ら彼女たちに共通するものは、
羨ましい程の正義感そして未来へ踏み出す高揚感。

それを肌で感じることの出来た卒業式月間、でした。

ご来院いただいているみなさんには、
診療時間変更などいろいろとご不便をお掛けしました3月、でした。
みなさんに心から感謝申し上げます。

コメント (0)

2009年03月10日 - そろそろ産休に入ります

カテゴリー:スタッフ日記 admin 23:07:10

福島県白河市 斎須歯科医院の歯科衛生士・三村です。

私は現在、妊娠中です
(来院していらっしゃる方々は、私の大きなお腹を見て微笑んで下さいます。ありがたいことです。)

初めての妊娠ですので分からないことばかり、
そこで先日、病院のマタニティクラスに参加してきました。

私と同じく、出産を1ヶ月半くらいに控えた人が対象で、
お産の兆候と入院、分娩進行、呼吸法などの説明を受け、
そして病棟見学をしてきました。

始めに、黒い小さな紙を渡され、
「これは何だと思いますか」
と質問されました。

何だろう

その紙には針先で刺した小さな穴が開いていて、
その穴の大きさが受精卵の大きさだと教えられました。

こんなに小さな受精卵から始まって、
細胞分裂を気が遠くなる程繰り返し、
10ヶ月かけてこの世に生まれてくるんですね。
そう思うと、改めて凄いことだと感激しました。

初めての出産は不安もありますが、
我が子に会えることを楽しみに頑張ります。

今月の途中から産休をいただきますので、
皆さんには7月までお会い出来ませんが、
どうぞ斎須歯科医院をよろしくお願いいたします。

いつも優しくしていただいています患者さんお一人お一人に
心から感謝申し上げます。

コメント (0)

斎須歯科医院の診療内容 各診療項目をクリックしてください。

インプラント 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング 歯周病 義歯 小児歯科 虫歯治療 訪問診療

福島県白河市のインプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニングなら斎須歯科医院へ